夜の菜園にて

秋の日はつるべ落とし〜とはよく言ったもの、ほんとに夕暮れが早い!!
職場と家との往復で1日が終わるようになりました。
今年こそ菜園の様子を詳しくご紹介する予定でしたが・・・予定は決定にあらず〜やっぱりロクに写真も撮れないまま、収穫の秋が終わって行きます。

サヤでも美味しく戴きましたが、ツル有りのささげはすっかり実が入り
ぱんぱんにふくれています。
霜の前に根元のツルを切っておかないと・・・未熟なサヤがダメになります。
まだ完熟じゃないのも多いのがもったいないなぁ。
黄色くなったものから順にサヤをもぎ、秋の夜長にサヤから豆を取り出さなければ・・・母さんは夜なべして〜♪ですよ。



秋大根もずいぶん太くなってきた様子。
こちらは霜で葉っぱがガリガリに凍っても、平気のへいざ〜日中の陽射しさえ有れば元に戻ります。
それどころか寒くなり出すと、かえって生育が良くなり地下に根を伸ばすという優れものです。
越冬用やたくあんなどに活躍してくれそうです。



白菜も虫の攻撃にさらされつつも捲いてきました!
これから気を付けなければならないのは中に刺さりこむヨトウムシ。
夜の冷え知らずの虫の知恵にしっかり対応しなくちゃ。



友人のガッツさんが苗を育ててくれたヤーコンもそろそろ芋が太ってるころです。
霜に弱いので気になりますが、もう少し、もう少しと1日でも長く置いて、
芋が完熟するのを待つことにします。
今年は葉っぱや茎の部分もお茶に加工するつもり。
去年、ガッツさん作のヤーコン茶を戴いてみましたが、クセも無く飲みやすいお茶でしたよ。糖尿病に効果が有るそうな(今の所、糖尿病予備軍では有りませんが)
コレストロールを押さえる働きも有るそうですしネ。



人参も葉っぱだけ見ると旺盛な成長ぶりですね。
こちらも越冬用に寒い部屋で冬の保存食になります。
1/3くらいは収穫をせず、そのまま畑でも越冬させます。
雪解けの後掘ったものは瑞々しく甘くてビックリしますよ!



お友達のTさんから苗を貰ったセロリも株が大きく育ってきました。
セロリほど肥料を必要とする野菜は無いそうです。
何度か植えて見ましたが余りはかばかしい収穫に成りませんでしたが、
今年は思い切り堆肥と有機肥料を奮発したおかげでけっこう良い感じになってきました^^”



例年、雪の中で収穫したものを物置の発泡スチロールの箱で保存し、
ガリガリに凍ったまま調理に使って重宝するのが、この中国野菜のターサイです。
寒くなると地面にペタッと貼り付き、寒さをしのぐお利口な野菜です。



仕事から戻ると畑は真っ暗〜暗がりのなか、フラッシュがピカッ!!
道行くひとが見たら なにやってるんだか〜
ですネ!


nori2herb | 家庭菜園 | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

越冬準備完了〜!!

夏中せっせと蓄えた野菜や山菜などで、冬の間の我が家の二階は貸し切り状態に!



キノコや竹の子、ジャムなどは瓶詰めにー。



カボチャはよく干してから寒さに当たらないように室内に取り込むと日持ちします。



大根は濡らした新聞紙でくるみ黒いゴミ袋に入れてから発泡のトロ箱に
こうしておけばスが通らず瑞々しいまま春まで大丈夫ー。



押入の下の段はジャガイモ、人参、ニンニク、玉ネギなどー。
芽出し防止に2〜3個のリンゴを入れておきます。



畑で収穫した煮豆用の豆やクルミ、小豆などもー。



畑で収穫した白菜、キャベツは外葉を乾燥させてから、時折上下を動かしておきます。






長ネギ(一本ネギ)は外葉をつけたまま良く乾かし、根を切っておきます。
こうしておくと冬中、ネギを買うこともなく重宝します。



下の冷凍庫にも越冬用の素材はたっぷりですが、二階はいわば自然の冷蔵庫。
特に冷えた夜は冷凍庫に変わります(><;
油断をせずにすかさず羽毛布団を幾重にもかけてオヤスミなさ〜い。



アリとキリギリス並みですが、これで長い冬の暮らしも安心です。


nori2herb | 家庭菜園 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

雪の前に

畑の収穫も最終段階、雪の前に早くかたづけなくては。


黒いビニールでマルチをした来年用のイチゴ畑です。8月末にランナーを植え付けたものです。
有機肥料をたっぷりやったので甘い実がなるはず〜ただ難点は有機肥料は虫がつきやすいこと。今年はチャバネノコガネが花と言わず葉と言わず、お終いには青い実まで食べ尽くされてしまいました。


中国野菜のタアサイは暖かいうちは茎が立ち上がってますが、霜が降り出すとまるで土に伏さったように地面に張り付きます。


キャベツです。これは一抱えもある大きさになる札幌大球という種類。
身が柔らかく、生食だけでなく漬け物などにむいています。


お友達のすずさんから種を頂いたシマニンジンも収穫できました。夏の間なかなか太らず、かえって寒くなってから少しだけ太りだしたのが不思議です。


一番太いものでこれくらい。
色白でスマートですネ。


白菜もヨトウムシにかじられながらも硬く巻いてきました。
まだばさばさしたものも有りますが、そのくらいのもののほうが
越冬用や漬け物には向いているようです。


タマネギも抜いて干さなくちゃ。
市販のものはかなりの回数で農薬を散布して有るそうですが、我が家のものは100%無農薬。
ちょっと自慢です^^”


ほぼ収穫を終えた菜園の様子です。雪に埋もれるのもあとわずかです。

nori2herb | 家庭菜園 | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

秋たけなわ

北海道の短い夏が終わり、朝晩急に冷え込むようになりました。
今年は霜が遅いような予報ですが、油断はできません。
毎年、収穫盛りのささげやキュウリ、ピーマンなど霜に弱いものが
早霜にやられてしまいます。
せいぜいあと半月の間に、収穫出来るものは加工保存しなくては。
ささげ(サヤマメ)はさっと茹でて冷凍。
キュウは塩漬け。
唐辛子は三升漬けにでもしますか〜。



一番手前の太くて長いピーマンのようなものは何と唐辛子なのです。
ホームセンターでちゃんとピーマンと名札が立てられていたのにも関わらず
花が咲き、実がなり出すと???
コレを見た友人は長い形のピーマンじゃない?と。
唐辛子なら黒いポットに2本植えが普通ですが、コレは確かにしっかりした苗が一本きりポット植えにされていたし・・・どう見てもピーマンのように見えたんで
お店の人が間違えるのも無理はないかも?



手前は全部一本ねぎです。何度も土寄せをして白根を長くし、冬の間室内に保存しておくと野菜のお高い時期に大助かりします。
なかなか、全体像を撮ることができませんが、奥のほうがささげですね。



玉ネギもだいぶ肥えてきました。全くの無農薬なのでちょっと自慢できます。
市販されている玉ネギはかなり農薬散布を頻繁にしているとか。
連作すると病害虫が発生しやすくなるのかも知れませんが、今のところ大丈夫なのが嬉しいですね。
あ、でも玉ネギだけは毎年同じ場所に植えた方が良いらしい?
どうして? どなたか理由をご存じでしたら教えて下さいませんか?


nori2herb | 家庭菜園 | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

頼もしい助っ人〜その2雑草篇

結婚以来、度重なる転勤でいつも狭い公営住宅住まいを続けてきましたが
この地が最後の任地。今まで以上に狭い住宅しかなく子供達が帰ってきても
布団をひく場所もない!!
そんな時にたまたま空きやが出来たを仲介してくれる方がいて、ただ同然の値段で購入することになったのが10年前。
田舎の一軒家、北海道弁で言えば「たいしたあずましい(のびのび出来る)〜♪」
と喜んだのもつかの間、夏は回りを埋め尽くす草むらに〜!
冬はストーブの前で吐く息が白い〜という悲しい現実が待っておりました。
必死でスコップで草を起こし、大木を切り、少し見やすくなったのは2年後。
開墾して花を植えたり、野菜を少しづつ植えた土地はともかく、それ以外は
ただただ草ぼうぼうの空き地がえんえんと続いているのです。



手に鎌を持ち腰をかがめて草刈りを続けましたが、年々しんどくなり、もう限界〜!!
で、恐る恐るグラスカッターを振り回すはめになりました。
ベルトを肩にかけ、ハンドルを両手で握り、右、左、とヘッドを動かすと
みるみる雑草は粉々になっていきます。



このヘッドの部分から出たナイロンコードがグルグルと高速で回ることで
草を叩き潰していくしくみです。小石や草などが飛んでくるので、防塵マスクや手袋、胸当てのついたエプロンのようなもので完全武装します。
一人の作業なのでカメラマンがおらず、勇姿はお見せ出来ないのが残念です^^”
今日はこの夏2度目の作業。キレイになりましたが、草はすぐ伸びます。来月にもう一度やらなきゃ駄目そうですねぇ。
あ〜あ。

nori2herb | 家庭菜園 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

北限のゴーヤ?

ゴーヤと言えば沖縄〜と誰もが連想するくらい沖縄のゴーヤ料理はポピュラーになりましたね。
苦い物に拒否反応の有った私も、今やかなりのゴーヤ党。
なんと、ホームセンターにて売れ残りの苗を発見!!
息も絶え絶えの様子ながら、350円の定価のまんま、値引きにもなっていない。
さんざ迷った末、買って参りましたとも^^”
どうせ、お店の陳列棚の上で短い命を終えるだろうゴーヤを
人助け、否、ゴーヤ助け(笑)だぁ。
あれからほぼひと月、虚弱体質のようなお姿ながら、可愛い花をつけました。



ゴーヤが恥ずかしがるんじゃ〜と思うほど、しばしば観察を続けましたが
あ〜あ、、、最近の暑さと水不足故か、花が終わった後の成長はゼロ?
なんと完璧にミイラ(涙;)
せっせと水やりもしたし、元気をつけさせようとHB101だって何度散布したことか!!
他の野菜に比べたら数倍大事にされているはずなのに・・・。
この、根性なし〜!!



もっとも、昼間はともかく、夕方から朝まではストーブが欠かせない低温だもの。
南国仕様のお嬢様には無理なお話だったのですね〜。
その後の顛末も聞くも涙、語るも涙。
かくて北限のゴーヤ作りは幻と消えたのでございます。



nori2herb | 家庭菜園 | 17:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

ルバーブジャム作り

山菜採りや遅れた家庭菜園の種まきなどに忙しくしてましたが、ふと見ると畑のすみでルバーブがわさわさとおがって(成長)してます。



この時期、山菜採りや畑、花壇の手入れなどに追われ
仲々手が回らないのですが・・・。
でも、今年はやりましたよ〜♪



ザクザク刻んで、さっと茹でこぼし水気を切ってから、砂糖を加えて煮詰めるだけ。
あ、肝心のものを忘れるトコでした。これこれ、最高級のブランディ、V・S・O・P。



もちろん、わざわざ買ったわけじゃありませんよ^^”
大部まえの頂きもの。
家人はサッポロビール以外のアルコールは口にしないし、宝の持ち腐れです。
たまにお菓子づくりにちょろっと入れるくらいで、まだ充分残ってます。
これが入ると入らないのとでは風味がちょっと違う(^^”
出来上がりは450ml入りの保存瓶に20本ほど。
写真の左側のは普通の青い茎、右側のが一応、茎の赤っぽい部分だけで作りました。
赤っぽいものを選んでみても、う〜ん、この程度。
美味しそうには見えないですねぇ・・・。

nori2herb | 家庭菜園 | 11:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

頼もしい助っ人

猫の額に毛が生えたような菜園ですが、毎年雪で押しつぶされた土は硬く、
粘土がかった土をスコップ一丁で起こし耕すのは容易な作業では有りません。
4月下旬になっても、周囲からロータリー除雪車で飛ばされてきた雪は
日中、表面が溶け出しては夜間の冷え込みで凍り
大人の人間が歩いても抜かることがない固雪になっています。
少しでも早く溶かすために、スコップで雪割りをしたり
愛車の除雪機で遠くへ飛ばしたりの毎日がGW明けまで続きます。
表土が乾くのを待って、毎日少しづつ耕してきましたが、さすがに寄るとしなみ〜しだいに難儀になり、思い切って小型耕耘機を購入することに〜。



さんざん悩んだ末、なけなしのヘソクリ(?)を叩き、買いました。
かるわざ君です^^”
前から見ても横から見ても、思いの外精悍で良い顔つきではありませんか。



軽い唸り声をあげながら、らくらくと、起こすと砕くとをこなしていきます。
あれほど苦労した畑起こしがほんとうに瞬く間〜いままでの苦労はなんだったの〜。


長ネギやニラ、ニンニクなど畑の隅で越冬し、すでに青々した新芽を伸ばしだしている作物も驚いてることでしょう。





隅から隅まで1時間足らず。ふかふかサラサラのきめ細かい土の感触が何んとも嬉しい♪



さすが、文明、さすが機械、さすがお高いだけのことはある〜^^”
これからは私の右腕として活躍してくれそうです。


nori2herb | 家庭菜園 | 16:17 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |

一本ネギ

関西のほうでは長ネギといえば葉ネギ、つまり青い部分の多いネギを好むそうですね。
関東や北海道などは白い部分の多い根深ネギのほうが一般的なようです。
我が家でも毎年、無農薬で一本ネギ(根深ネギ)を植えています。
春に苗を買い、深い溝を掘って植え付け、成長するに従って根元に土を寄せていきます。
葉っぱの付け根ぎりぎりまで、何度も土を寄せて、白根の部分を伸ばします。
夏を越すころまでは生育旺盛で青々しているのに、なにぶん無農薬の悲しさ、秋の長雨の頃にはサビ病などで、悲しい姿になるのですが
それでも安心して食べられるという魅力には勝てず、
作り続けることに・・・。
苗は12月頃から育てるとかで一般家庭では至難のわざ、雪解け後の畑が乾いた頃、150本ほどの束にして売られている物を買い求めています。



畑の土を除け、深い溝の底に苗を一本づつ壁に立てかけるように並べて
根元に少しだけ土をかぶせます。
弱々しく横たわってみえる子ネギも10日ほどもすれば、しっかり根付き
姿勢を立て直して成長しだします。



このネギは晩秋に霜が何度か降り出すと、柔らかく甘みが出るのですが、
暖かい間はバリバリと硬く、食べても美味しくないのです。

それまで食卓にのぼるのが万年ネギです。
雪の下で越冬し、春に芽吹き、夏にネギ坊主をつけ、
秋には脇芽を更新〜というサイクルを繰り返すこのネギは
千本ネギなどという呼び方もされます。
種まきをせずとも何年でも柔らかい美味しいネギを増やし続けてくれる優れものです。



今日植え付けた根深ネギは10月に収穫し、軽く干した後、
ひと冬中、我が家のみそ汁や鍋物、薬味などに活躍してくれるのです。



nori2herb | 家庭菜園 | 13:59 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

春よ〜早く来い

4月も下旬になろうとしているのに、はかばかしく雪が溶けません。
やむなく、除雪機で空き地へと飛ばす作業に明け暮れています。



このままだと完全に消えるのは一体いつのことやら・・・(==;
朝の家は雪が凍って固いので機械はぬかりません。
が、その分、スコップで雪の壁を崩すのが難儀です!!



この下が私の菜園なのです。
トビマス号もうなりながら雪をはねてくれます。
ふう・・・疲れた〜機械も時々やすませないと、オーバーヒート??
まぁ、今の機械はそれほどヤワじゃないのかも?
それより運転手の私がちょっとお疲れ〜。



裏のオンコの来も冬中、雪の重みで枝をしならせていたのが、
やっと解放され、一息ついてるようです。



こちらは南側のベランダ側の様子です。冬中雪をのけた花壇は福寿草が咲いています。
春には違いないのですね。



窓辺に置いたカタバミに可愛い花が咲きました。去年、香川で見たカタバミと同じものをはとこのこまめちゃんがお友達からわけて貰い送ってくれたものです。
お日様が嬉しいらしく元気です。



雪の下から圧死状態で出てきたクリスマスローズです。
葉の茎がグサグサに折れて無惨な様子ですが、果たして回復してくれるでしょうか。




nori2herb | 家庭菜園 | 15:56 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
1/3PAGES | >> |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS