コクワ

朝晩冷え込むようになってきました。
本格的じゃない水霜が降りるようになり、山の木々も葉っぱが色づきだしました。
今年は春の遅霜の影響で山のなりものは余り良くないのですが
それでも少しだけヤマブドウやコクワもなっています。
つやつやの緑色がきれいですね。



このコクワはキュウイの原種と言うだけ有って、生食すると甘くて美味しいのですが・・・
その気になってうっかり多食しようものなら
翌日、ヒドイ目に遇う恐ろしい裏技を秘めているんですよ。
そういう目に遇った方いませんかぁ〜(笑)
黄門さまも真っ青のような(笑;)あはは、これ以上は書けませんわぁ。
生食しなければ大丈夫なので、ほんの少しですがジャムにしてみました。

へたと花がらのところを取ったらラップをして電子レンジでチン〜。



つぶしてお砂糖を混ぜてまたチ〜ン!






ほらね、簡単にジャムが出来上がります♪



ただコクワの青い色素は残せないようで、どうも人相はイマイチですネ。



nori2herb | 果実 | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

柚子にはまってます

最近のマイブームは柚子。
実はちょっと前まで柚子の香りは余り好きじゃなかった。
柚子まんじゅうだの、柚子ようかんだの頂く機会があったけれど、う〜ん??
それがですねぇ・・・今や完全にハマっております。
人間の味覚の好みというのは時と共に変化する?
というより、かなりいい加減なものだと実感してます。
ハマるきっかけは、88カ所お遍路の旅で愛媛からの機内サービスで戴いた柚子ジュースでした。
さっぱりした喉ごし、上品な香り!!
JALの売店で売られているとのこと。早速、乗り換えの羽田空港でゲット〜♪



松山空港でお土産を調達したとき、なんだか気になって、ものは試し〜と一瓶自分用に柚子茶も買ってきてたっけ。



おりもおり、お友達から柚子を頂きました!!
団子3兄弟ならぬ、柚子3姉妹〜ってとこですネ。
大きいのは鬼柚子(獅子柚子)、中くらいのが本柚子、小さいのは花柚子だそうです。



柚子に種類が有ることも知りませんでしたよー。
ただ、大きい鬼柚子は道の駅ゆのうらで売られてるのを見かけてました。
奥様ふうの方がジャムにする〜とお店のおじさんと話すのを小耳にはさんでました。



ジャム作りが趣味の私としては食指がムズムズしかけてましたが、かさばるし、余りの面構え(笑)に・・・通り過ぎてしまったのが悔やまれます。
せっかくの頂き物です。早速、加工しなくちゃ♪

まず、ネットであちこち検索して心構えをしてと〜〜。
鬼柚子のマーマレードは薄くスライスしてから、3度茹でこぼし、そのつど水にさらして苦みを取り、砂糖を加えて煮詰める〜と有ります。
できました!!
ただ、少々、というより、かなり煮すぎたようです(汗:)
マーマレードじゃなく、完璧にジャム(笑)



本柚子と花柚子は全部柚子茶に仕込みました。
蜂蜜と氷砂糖だけで作ると室温でおいても一年以上も日持ちするそうです。
ま、自他ともに認める大風呂敷のわたくしですもの、多分そんなに長く保たす心配はないでしょう(笑)
刻んで刻んで・・・う〜〜種が思いの他多いこと!



ガラス瓶に詰め、時折かきまぜること2〜3週間。
完成しました〜。



種はサッと洗ってから焼酎で化粧水にしてみました。しっとり、すべすべお肌になれますか????



市販品に勝るとも劣らない柚子ジャム&柚子茶。
朝食は優雅に柚子ざんまいでね。






来年のお遍路予定は香川県。
巡拝の間を縫っての柚子探しが楽しみになってきました。
送って下さったYちゃんに心からお礼を申しあげます♪









nori2herb | 果実 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

徳島から〜

雪が降っています。例年のこととは言え、この季節、毎日曇り空か雪。
初冬期うつ病なるものが有るそうです。
身体が寒さに慣れないていないことに加え、太陽を見ることが少なく室内にこもりがちになる鬱陶しさから発症するうつ病の1種だそうです。
5月〜11月始めまでの契約のお仕事も、先日無事に終了し、晴れて無職になりました。
これからの半年間、雪をいじって遊ぶ毎日が始まりました。仕事で家を留守にすることの多い夫に代わり、延べ降雪量が10メートルをはるかに超える雪の始末や夏の間サボっていたHPの更新などやりたいこともたくさん有る私には初冬期うつ病は無縁ですネ。
50日分の失業一時金だけと微々たる収入ですが、時間はその分、たっぷり〜!!
みかんを食べ、お菓子をつまみ、お茶を楽しむ主婦の役得の季節でも有ります。
そろそろ、箱詰めのみかんを買おうかな、、、と考えた所にたくさんのみかんが届きました。




父の従兄弟に当たる徳島の親戚からのお届け物。夏にはみずみずしいハウスみかんを頂き、そのしっかりした美味しさに感嘆しましたが、こんどのみかんの量と大きさに驚くばかり!!
夏みかん? はっさく? グレープフルーツ?
普段見慣れている冬みかんの倍は有りそうな、みっしりと身が詰まった大きさです。




みかんの花付きが悪く、間引きもしないのに大きくなってしまったのだそうです。自然を相手に作物を育てる難しさ。北海道のように霜や寒さの心配が大半の土地とは、また別な苦労が有るのですね。
小さなみかんなら2個も3個も一度に食べる私ですが、これなら1個で充分かも(^^
涼しいとこに置けばしばらく大丈夫と伺い、早速、二階の押入に運び込みました。これからの私のテレビの友は押入でおやすみです(笑)



そして、これは粘りの強い長いもです。春に伺った折りに味噌汁で戴きましたが、すりおろしただけで繋ぎが入っているかのような口当たり。
魚のすり身?と見間違うようなしっかりした固さのとろろです。



もみ殻の中に、大小の里芋らしきものも〜!!
北海道人には里芋はお店に並ぶ小芋が普通。たまに大きなエビ芋を見かけるけれど、こんなふうに握りこぶしに小芋がついたようなサトイモは初めて見ます。
きっとジャガイモと同じで、ちゃんとした名前が有るのでしょうね。



ところで、この里芋、私の中の里芋のイメージとはかなり違うのですよ。
煮物にすると、きめ細かいしっとり感にこくの有るめったりした口触り。
味の染み方もとっても早いのです!!
何より、肉じゃがのジャガイモのように煮溶けるのが不思議〜!!
油断すると砕けてしまうほど。
徳島の暑い夏に雑草を取り手入れをされるご夫婦の姿を思い浮かべ、感謝しつつ戴くことにします〜。
nori2herb | 果実 | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

山ぶどう

秋の楽しみの一つに山ブドウやこくわなどの山の恵みが有ります。
夏にはけっこう青い実がついているのを見かけ、この分だと今年は豊作かなと楽しみにしていても
いざ収穫となると、青いうちに小鳥や熊に食べられてしまったのか、風雨で落ちてしまうのか、収穫が皆無の年も珍しくないのです。でも、今年はちょっとなっています。クマや小鳥たちの楽しみを奪うのは心苦しいけれど、お先に失敬!!





粒をもぐのが一番手間がかかりますが、出来上がったときの喜びのためには欠かせない作業です。





きれいに洗って水を切ったら鍋で柔くなるまで煮て、ザルで裏ごししてからジャムにします。酸味が強く手が荒れるのでゴム手袋は必需品です。





手間がかかるようですが、慣れると以外に簡単に出来上がります。
酸味が強い分、レモン汁やペクチンなどを加える必要もなく、砂糖さえ有ればすぐ取りかかれるのが嬉しいですね。





ついでにとっておきの一品。山ブドウの粒に氷砂糖と○○をそそいで置いた
ドリンクで〜す(笑)
このまま飲むも良し、炭酸と割っても良しの美味しさ。エキスが溶け出し良い色になってきました〜



nori2herb | 果実 | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ハマナスのジャム





ハマナスと言えば、知床の岬にィ〜ハマナスの咲くとき〜♪の歌が浮かびますね。
知床まで出かけなくとも、この辺りの海岸や公園、廃屋の庭などでも見かけることの出来る北海道を代表する野の花です。花は数日で散りますが、2番花、3番花が次々と晩秋まで咲き続けます。
夏の終わる頃色づいた実でハマナスジャムを作るのが楽しみです。




手でつまんでみて果肉の固いものが採り頃です。熟しすぎたものは種をほじるのに難儀するのでパス。一番なりの実から除々に小さくなっていくようです。





手かごやビニール袋に一杯採ればかなりのジャムになります。好みがあるかもしれませんが、トーストやヨーグルトにぴったりの野趣豊かな美味しさです。もっと多くの人に試して欲しくて、HPののんびりキッチンに私流の詳しいレシピを載せて有ります。
身近にハマナスが咲く地域の皆さん、一緒にジャム作りしてみませんか。






nori2herb | 果実 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS