毎日がスタート日和

今日から4月です。
新たなスタートの日です。
日本中のあちらでもこちらでもね。

我が家にもちょっと前までありましたよ。。。。そんなスタートが。
入園、入学、進級、進学、入社式・・・
そのたびに本人は勿論のこと、
ふつつかな親は喜びに似合った気の利いた事も言えず
うろうろ、おろおろ。
時間よ、とまれ!!
はあぁ・・・・それより巻き戻しが出来るのならね。

いろんなことにそんな後悔を抱えつつ、4月になるたび
よ〜し、今日から新たな気分でスタートだぁ、
今年こそ〜!!
と、飽きもせず思う私でした。
ところで、私がパソコンを始めてから密かに隠れファンを続けていたサイトがあります。
文章の絶妙なセンス、暖ったかい内容。
けっして人を傷つけない語り口が魅力で大勢のファンを惹きつけています。
かくいう私も過去記事のいくつかをコピペさせて貰い、
パソコンのデスクトップのフォルダ名も「いんでないかい」(笑;
に保存させて頂いてるほどのファンであります♪

「北海道・札幌発 だべさ通信」

北海道弁を自由自在に操るぽぷらさんのブログです。

覗く人もほとんどおらず、コメントもトラックバックも
ひっそりと静まりかえっている私のブログ(ここ)とは
えらい違いじゃ^^”
いつも北海道のブログランキングの上位にランキングしているようです。
もっとも、私などブログランキングに参加もしていないので
問題外でございます(涙)

そこでまたまた新年度の始まりに
とっても深ぁ〜いィ良いお話を目にしましたよ!
管理人のぽぷらさんの了解を得ましたので、
以下に引用させていただきました♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
>昨日は、新人達の熱気が、日本中を染めたのでしょうね。
>私も、お正月には新たな気持ちでスタートしたのに、すぐに新たでなくなる自分がいます。
>だから新年度は、また気持ちを切り替えるのにちょうどいいね。

>でもって、またまた、ダラダラしたらどうするか。
>そしたら今度は5月になったら、またまたまた新たな気持ちでシャキっとする。
>ダラダラシャキっの繰り返し。
>結局さ、スタートはいつからでもいいんだわ。
>そうですそうです。スタート地点は自分で決めよう。
>じゃあスタートは、今日からね。
   (スタート地点は何処からだい? 2009、4、1 より抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタートはいつからでもいい。
スタート地点は自分で決める。。。かい。
ほらねっ、ぺったんこな胸にぐぐっと来るっしょ。
(ここでぺったんこは関係ないっしょ!)
なんかすっごくいいべさ〜♪
nori2herb | 友達 | 08:28 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

たかおちゃん (2)

お正月の3が日が過ぎ、帰省していた子供達が帰っていった翌日、
職場のMさんから電話を貰いました。
新年の挨拶もそこそこに
>あまり良い知らせじゃないんだけど、たかおちゃん、救急車で運ばれたんですと〜!
Mさんの話では前日の3日に、きのこご飯を届けかたがた顔を見に寄ったばかりだったそうです。
>「モリさん、おれ、もうダメだわ。。。」って布団に横たわったまま言ったそうです。
Mさんと話しながら、ちょっと前までの元気そのもので、
やんちゃなガキ大将みたいなたかおちゃんを思い出し、
泣きそうになりました。

楽しくて、気が良くて、面白くて、義理がたくて、
優しくて、やんちゃくさくて、シャイで、めんこくて、
にくたらしくて、ガンコで、寂しがり屋で、
意気地ないほど病院嫌いだったばかちんなたかおちゃん。

受話器を置いてからも、ざわざわした胸さわぎとあのたかおちゃんが死ぬわけがないと
相反する思いが渦巻いていました。
彼ほど病気や死とかけ離れて見える人はいないと思ってました。
翌日、Y班長から訃報の電話を貰うまで。。。

夏頃、なんだか痩せて見えました。
身体がだるそうにしていたので声をかけると
職場の境界線の調査で笹藪をこぎ、ポール建てがきついんだわ〜とのこと。

秋になり、いつもはしょっちゅう私の側に寄ってきては、
横の座席に座り
「なんかうまいもん、くれ!」と手を出し、
気に入ったものだけを食べ、しばらくたわいのない話をしていたたかおちゃんが
バスのステップに足をかけたまま、こちらをのぞき込むけれど
上がって来なくなりました。
たかおちゃんの真骨頂と言われた舞茸採りシーズンが来ましたが、
傍目にも思うように身体が動かせなくなっているように見えました。
仲間のSさんに現場まで連れて行って貰い、
ナラの木の根元を見てきて貰っていたとか。
親子でも舞茸の在り処は教えないと言うくらいなのに、たかおちゃんはその時から覚悟をしていたのかも知れません。

流れかけてたけど食うか〜ともらった舞茸です。
あの頃から身体は辛かったはず・・・




「痔が悪くてよ〜、ひっころんで足も痛くしてよ〜」
「病院へ行かないとだめだべさ〜、なしていかないの!おっかないのかい」
「なぁ〜んもよ!!」
「しばって連れていかないとダメかい?」
「あはは。。。」
そんな押し問答がしばらく続いたある日、ついにたかおちゃんは病院へ行きました。
今年の舞茸を見届けて・・・山の木々が葉を落とし始めた頃でした。

麻酔が効かない体質なので抗癌剤治療で様子を見る〜との治療方針だと
Mさんから聞き、急いでお見舞いに行くと
4階のエレベーターを下りたところで
チラチラ雪の舞う窓の外を、手押しキャスターにもたれて眺めているたかおちゃんがいました。
ひと回りもふた回りも小さく頼りなげな後ろ姿でした。

12月のある日、一時帰宅していたたかおちゃんから電話がありました。

「ラクヨウ(きのこ)が食いたいんだわ〜、ごっそうしてくれや。」
「え〜?ラクヨウかい? 今年は良いのが採れなかったから瓶詰めしてないの。あ、でも去年のがまだ有ったかも?」
「舞茸と、ばくるべ〜(交換しよう)」

翌日、冷凍した雪の下(エノキダケ)とラクヨウキノコの水煮の瓶詰めを
持って訪ねました。
「おう〜!あがれ」
声はとっても元気そう。
でも、出てくるのにやや時間がかかります。

鼻の奥がグスグスして涙がこぼれかけて来ました・・・まずい、このままだと泣いてしまう。
「風邪気味だし、うつしたら悪いから帰るね、また顔見に来るから〜」
「オレも風邪ひいてるんだわ、なんもいいから上れ上れ〜」と言うのを振り切っておいとましました。
立派な舞茸を持たせてくれました。
一抱えも有るりっぱな晩生のものです。

ラクヨウキノコが食べたい〜というのは口実で
もしかしてコレを私にくれたかったのかい?
それも口実で、もしかしたら私に会いたかったのかい?
私の冗談に、いつも何か言いかけては笑っていたたかおちゃん
なにい〜ばかこけって、おっかない顔して笑ってるかな。



わずか半月ほどの入院とひと月余りの自宅療養。
風雪に耐えた巨木が、音も立てずに倒れたような
理不尽でやりきれない思いを周囲に残し逝ってしまいましたね。
5月の連休明けから雇用開始の連絡を貰いました。
ぬしのような人のいない山は景色が去年までと違って見えるかもしれないね。

たかおちゃんの遺影は病室で娘さんが撮ったものだそうです。
ピースサインをして笑っていました。
最後までたかおちゃんはたかおちゃんだったっしょ。
きっと5月には大好きな山に戻ってるね・・・合掌。
nori2herb | 友達 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

たかおちゃん (1)

朝、雪かきから戻ると夫が新聞を見ながら何か言っています。
「○△×●□・・・・」
「え?何?・・・?」
「た●×ちゃ○。。ことか??」

いつものことながら夫の声はお上品でとっても小さい。
悲しいことに寄る年波で私は難聴気味(涙)
その上、毛糸の帽子に厚いヤッケの帽子をかぶっているのですから
聞き取れないのも当たり前〜。
夫の指さす新聞記事です。





「そうだよ、これ、あのたかおちゃんのことだわ〜」
小さな囲み記事のエッセーだけれど、
私の出会うもっと前の若かりし日のたかおちゃんがそこにいました。
(夏目先生、無断での転載をお許しくださいね)



十数年前、縁有って現在の職場に勤めだした日のことが、昨日のことのように浮かびます。
忘れようったって忘れられません。(笑)

ずった、ずった、ずった、ずった!
どん!!

足をひきずる独特の歩き方で近づいてきて、
私をひたっと見据えながら、
座っている私の肩越しに担いでいたリュックを力一杯放り投げました!!
(うわ!うわ!うわ!こちらから挨拶したほうが良いのかな。。。)

ロッカーの扉をわざとのようにバタン!!バタン!!と開けたり締めたり。
(おんぼろロッカーの扉がもげるっしょや)

これ以上黒くなれないほど日焼けした顔は、眼孔するどく辺りを威圧しています。
首には真っ赤なタオル。
(うわ、目に沁みる、こんな色のタオルどこに売ってるんだべ?)

おまけにワイシャツの胸をはだけ、素肌に巻いた晒しの腹巻きをちらつかせています。
(おっかない!! だれだべこのひと? もしかしたらソノ道の人かい?)

その日から密かに恐れながらも、
コワイもの見たさで観察を続けていると???
あれ、案外めんこいんじゃない?
それに義理堅いし!
もしかしたら、かなり良い人かも???
実に愛すべきキャラクターの持ち主であるのが
すぐに判りましたよ。

いつの頃からか○○さん、○○さん(私のこと)と
何かにつけ名指しでご指名を受ける間柄になっていました(笑)
困った時のたかお頼み〜どれだけ助けられたか知れません

たかおちゃんは、素晴らしい愛妻家でもありました。
そこいらのご主人のように、オイだのコラだのとは言いません。
右を向いてはさっちゃ〜ん♪
左を向いてもさっちゃ〜ん♪
誰がいようと誰の前だろうと、ちゃんづけです。
まるで結婚前のカップル並み〜ほほえましいやら羨ましいやら(笑)
若い頃はお酒で妻を泣かせたそうですが、きっとその当時の時間を
取り返そうとしてたんだね。。。

手が荒れるからと茶碗一つ洗わせない〜だの
洗濯も一手に引き受けているらしい〜などとの
噂話は枚挙にいとまないほど。
愛妻家だね〜とひやかすと、
「なぁ〜んもよ、荒れ症だからよ、ゴム手袋をはいて茶碗を洗われるのが厭だからよ!」
ちょっとテレながら弁解してましたね。

トレードマークの真っ赤なタオルもここ数年、色が褪めてきてました。
「この頃、西○に売ってないんだわ〜」と悔しそう。
どこかで見かけたらプレゼントするね〜と約束してたんだけど・・・


たかおちゃんが逝ってから寂しくなりました。
もうすぐ半年間の冬休みが明け、職場に復帰します。
いつも顔を見るなり開口一番の決めぜりふ。
「○○さん(私のこと)肥えたんでないかぁ〜!」
「なに一人でうまいもん食ったのよ!!」
と、ちょしてくれる人はもういません。
厭でもたかおちゃんがいない事を実感させられる日が近づいています。

冒頭の新聞記事が載った日は、奇しくもたかおちゃんの四十九日法要の朝でした。
nori2herb | 友達 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

健康づくり講座のお手伝い

今年も町の主催で催される「健康づくり講座」のお手伝いに参加しました。
今年は34回目ということです。



どうしても外出を控え、引きこもりがちになるこの時期に
昨年に引き続き、食生活クラブのお仲間と昼食に配られる試食のお弁当をこしらえました。
昨年はキクイモの天ぷらやきのこごはん、きのこの和え物など数種でしたが
今年は品数は少なめ。
春先に行った山菜採りで確保しておいた、フキと竹の子の煮物。



これまた秋の食生活クラブの恒例行事のきのこ狩りの収穫物を使ったきのこごはんの2種+ヤーコンとレタスのサラダの3種です。



300人分ほどの試食お弁当を皆で手分けしてこしらえました。



お昼には会長さんのお宅の畑で収穫したヤーコンのお茶もふるまわれました。
先だって取り仕切った役員さん、ごくろうさま。
お手伝いのみなさん、おつかれ〜♪

午後からは講談師 神田三陽さんの講演がありました。
女満別町(現大空町)出身の神田三陽さんはテレビで活躍中ですね〜。
最初は壇上にいましたが・・・・。



熱の入った語り口に、聞き手が引き込まれた頃合いを逃さず
客席の間に降りての熱演です。
さすがですね!



身振り手振りの七変化〜(笑



なんと彼は現役の小学生だそうです(笑)
教育委員会にお願いして地元の小学校に通ってるとか。
どんな顔をして教室にいるんでしょうねぇ。


お〜い!○○く〜ん♪



地元で幅広い活動もされているようです。
故郷での地域に根づいた活動が人間としての豊かな感性や
芸の幅を広げることでしょう。
今後の活躍がたのしみな芸人さんですね。
nori2herb | 友達 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

不健康まつり?

今日は町主催の健康まつりというイベントのお手伝いです。
地方の町の財政状態が良く無い状況はいずこも同じでしょうが、我が町もご多分にもれずで、来場者に無料で配っていた健康べんとうを見直すことに〜。
地元の仕出しを手がける数軒のお店とっては少々痛手かも知れませんが、時代の趨勢、やむを得ないことかも知れないですね。
食生活クラブという食に関心の有る主婦グループの一員として、年間行事で山菜採り、キノコ採りなどを行ってきました。その活動状況の成果の発表もかね、塩漬けや冷凍などで保存した素材を提供しての試食弁当作り〜主婦のがんばりどころです。



地産地消・・・町から用意して貰ったのはお米、調味料や煮炊きするためのガス、レタス、油揚げなど。
油揚げも地元のお豆腐やさんのものです。
一週間前にはキクイモを使った醤油漬けを仕込み、イベント前日には山菜の下ごしらえや味付けなどを済ませ、当日に備えました。

当日の朝はあいにくの吹雪模様。時折全く視界がきかないような荒れ模様です。



羽田からの飛行機は欠航とのことですが、講師の落語家の三遊亭多歌介さんは前日に旭川入りしていたそうで、関係者の皆さんはほっとされたでしょう。
当初予定されていた講師は三遊亭歌雀師匠。講演の9日前に持病の糖尿病の悪化で急逝され、急遽、同門の多歌介師匠に変更となった経過があり、
すでに刷り上がっていたパンフレットやポスターなどの変更など、大変な混乱だったようです。
歌雀師匠は糖尿病の悪化で両足を切断という不幸に遭いながらも、義足で高座に復帰。
闘病記も笑いに換える不屈の精神の落語家さんとして知られており、私も楽しみにしていたのですが・・・残念です。心からご冥福を祈ります。

ところで、話はまたお手伝いのほうに戻ります。
メーンのキクイモは血糖値を下げる成分が豊富で、最近ちょっとしたブームとなっているようです。



道端や荒れ地などに野生化していますが、食生活クラブ会長のWさんが畑で育てたものを提供してくれました。



ベテラン主婦の手と知恵をフル稼働させたお弁当作りは、仕事の分担もスムーズで和気藹々と進んでいます。



あいまに、持ち寄ったおやつや果物をつまみ、お茶を飲み、差し入れの手作りのお菓子などを試食。
お昼までに今日のカロリーはとっくにオーバー!!
Sさんがいみじくも「これじゃぁ、健康まつりじゃなくて、不健康まつりだわ〜」



皆の協力で出来上がったお弁当は好評でした。ただ難を言えば彩りに欠けることでしょうか。



せめてミニトマトの一つや添え物のパセリを買って貰うべきだったかも?
この点は来年の課題となりそうです。



さて、メーンの三遊亭多歌介師匠の講話とその後のにわかづくりの高座での一席、「火焔太鼓」は、さすがプロ、さすが噺家とうなずかされるできばえ。



まだお若い噺家さんとは思えない洒脱さ〜お腹がよじれるほど笑わせて貰いました。



笑うことは健康のみなもと・・・やっぱり不健康まつりじゃなく、健康まつりに間違いない♪





nori2herb | 友達 | 18:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

新鮮野菜

群馬のお友達が新鮮な野菜をどっさり送ってくれました♪
この時期、青物は貴重品になりかけています、瑞々しい緑がうれしいですね!!



群馬もぼつぼつ雪の季節?
でも、まだまだ凍ることもなく畑に野菜がおがっているんですねぇ。
ラインナップをご紹介しますと、大根、キャベツ、白菜、チンゲンサイ、長ネギ、大和芋、サツマイモ、里芋、白カブ。
大根も長ネギも堀り立て〜凍みた様子もありません。
立派な大根です。私の足よりはいくぶん細めですが(笑)



大きな箱でビックリ!中にMさんが入ってるかと^^”



そうか。。。群馬はサツマイモも長芋も採れるんだ〜夏は暑いけれど年間を通せば過ごしやすい所なんですネ。



年末の忙しい時期で走り回ってるはずなのに・・・優しさに感謝です!!
Mさん、良いお正月を〜そして来年も良い年でありますように♪


nori2herb | 友達 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

秋の味覚、栗を頂きました。
この春まで母子山村留学で東京から来られていたHさんからです。
余り親しくおつき合いすることもなく、お別れしてしまったにもかかわらず
気を遣ってくださる方です。


元は韓国の方ですが、おいでの間、全く気がつかないほど流ちょうな日本語を話され、東京に戻られてからいただいたお手紙はこちらが恥ずかしくなるほど〜。
私の職場にも大学生の時、留学で来日された先生がおりますが
驚くほど語学が堪能です。
私の知る限り日本人に比べると韓国の方達は遙かに優れた能力を持たれているように思われます。


立派な栗です。さっそくさっと茹でて皮をむき、加工します。
数分茹でてから冷凍し、少し解凍したものを剥くと、色は良く有りませんが
とても剥きやすいようです。
色をきれいにしたいときは、しばらく水につけておき、皮をむいたほうがよいみたいですね。

練りあんと寒天で栗羊羹をこしらえました。


残りは冷凍庫へ〜剥いたものはすぐに栗おこわや栗羊羹にできそう。
これだけ有れば冬の間、楽しませてもらえそうですね。


Hさん、ありがとうございます。また、いつかお会いしましょうね。
nori2herb | 友達 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ゴーヤジュースは

今年も頂きました、ゴーヤ。それもこんなにいっぱ〜い。
感謝、感謝でございます。
作り手の見える野菜ほど贅沢なものは無いですね。
サツマイモとのかき揚げ、豆腐と豚肉とのチャンプルー、ハムやシーチキンとのサラダなど、あれほど苦手だったはずの苦みがクセになった?
不思議なほど気にならなくなるなんて、人の味覚なんて案外いい加減なものです。



ネットでゴーヤジュースのレシピを目にしました。
リンゴ1/2、ハチミツ大さじ2、水100mlとをミキサーにかけて・・・ですね?
私のモットーは即実行^^”
出来上がりはおいしそうですね〜♪



ハチミツとリンゴの甘さが、微妙に苦さを増幅させて、まったり、めったりした喉ごし〜などとのたまわってる場合じゃない!!
一言で言えば、苦っ!!
擬音で表せば、うああぁ・・・ううぅ(汗:)
どれほど身体に良かろうと、どれ程夏負け知らずとお勧めを受けようと
これ一杯でけっこうでございます(笑)



ゴーヤと一緒にオクラも。
実は私、外食の定食などでわずかに口にしたくらいで
手にするのも初めてなら自宅で調理するのも初めて〜。
納豆など粘りのあるものと一緒にすれば粘りは100倍。
夏バテ知らずだとか・・・。
せっかくのいただきもの、夏バテとも無縁ですが頂いてみます。
もっとも、これ以上元気になってもはた迷惑〜
って声が聞こえそうですネ。

nori2herb | 友達 | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

山陰の春〜つわぶき

半年の長い冬休みが終わり、仕事が始まりました。
身体が慣れない間は肩慣らし程度の仕事では有りますが、だれきった身には
8時間の拘束時間を勤め上げるだけでけっこう疲れます。
帰宅後は少しの間、ぼ〜っとして過ごしてしまいます。
今日で4日目、ふうぅ・・・疲れたと帰宅すると
玄関に白い発泡スチロールの箱が。
初めて見るツワブキです!!お正月に高知のお寺で黄色の花は見ましたが
茎は・・・?



さっと茹でてから皮をむき、水にさらしアクを抜く〜送ってくれた山陰のOさんのレクチャー通りに処理してみました。
アクの強いこと、噛んでみると苦〜っ!!



一日晒してみてもやっぱり苦〜っ!!
煮かたが足りなかった?
これ以上晒すと味も香りも消えてしまうに違いない・・・煮付けものにしてみよう。
北海道の蕗には慣れているけれど、ツワブキの下処理は以外と難しいものですね。
何より細くて皮が剥きにくい^^;

油炒めを少々、お醤油少々、本だしとみりんも少々。
まぁ、こんなものでしょうか。
少し冷まして味を含ませてみました。
少し、硬めですが、こくはまぁまぁ、初めての食感です。



そして、一緒に届いたのが好物のコシアブラ。
こちらはもうお手のものです。
天ぷらにするとあのタラノメの数倍美味しい!!
こちらで採れるのはまだず〜っとあと。
ひと月ほども速く、コシアブラを楽しめるなんて
しあわせだなぁ・・・・^^”




早速、職場のお仲間や友人にもお裾分け。
まだ雪が残るこの時期に、新鮮な山菜が食卓にのぼるなんて
Oさんのお陰〜♪
お返しは山陰には無い行者ニンニクかなぁ。



nori2herb | 友達 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ラジノクローバー

群馬の友人からミックスフラワーとラジノクローバーの種を頂きました。
ラジノクローバーは景観植物としても知られていますが、イチゴを連想させるような花の姿から、ストロベリートーチとも呼ばれます。
種をあげますよ〜との呼びかけに、じゃ、、、少しだけ〜とおねだりしましたが、なんと500g入り!!
何ヘクタール分??




職場のお仲間や友人にもお裾分けしましたが、まだまだ一杯。
一緒にミックスフラワーの種もたくさん。
ちょっと嬉しい悲鳴でした。
友人の勤務先の瓶の牛乳とコーヒー牛乳も・・・牛乳瓶の感触は
ずいぶん久しぶりの気がします。
紙パック牛乳に押されて、観光地などでしか見かけなくなった瓶牛乳。
勿論、美味しさは格別でしたよ〜♪

nori2herb | 友達 | 22:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
1/2PAGES | >> |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS