<< 山陰の春 | top | 行者ニンニク >>

男山自然公園


G/Wも終盤。
8日からの仕事始めを前に、久々の青空に誘われて
旭川の郊外、男山自然公園へカタクリを見に出かけました。
いつもなら、テレビのニュースで見事な開花を楽しむ人たちの様子が
流れるのが恒例なのに、今年はどうした訳やら、サッパリ見かけません。
もしかしたら雪解けが遅れて、未だなの?
国道から200メートルも入ったでしょうか。見えて来ました!
山肌にけむるような紫色のカーペット。



400台もの駐車場にはすでに車がいっぱい。無料ながらちゃんと係員の誘導も有り、ロープで保護された遊歩道を歩くと、どこまでも続くカタクリの群生。
ここは、比布町と旭川市にまたがる突哨山の一部で有り、男山自然園というのは俗称のようです。
民間企業がゴルフ場造成計画で買い占めた後、バブルの崩壊で競売にかかった時、カタクリを守れと市民が4万人以上もの署名を集め、旭川氏と比布町がそれに応え、公有地として保護されるようになったものです。
今では北海道一といわれる群生地は人々の憩いの場として
訪れる人の心を癒してくれます。



カタクリの他にキクザキイチゲ、二輪草、ナニワズ、キバナノアマナ、福寿草、エゾエンゴサクも混在しています。オオバナノエンレイソウも蕾がついていました。
遊歩道の下の沢には水芭蕉やエゾノリュウキンカも見られました。



遊歩道のすぐそばに白花のカタクリがたった一輪、清楚で気高い雰囲気を漂わせてます。気づかず通り過ぎる人が多いなか、さすがノッコ!!
と自画自賛〜(^^)



一面のお花畑に満足した後、旭川市街を一望出来る嵐山展望台へ立ち寄りましたー。残雪が残る砂利道の原始林を走ること数キロ。
遠くに大雪連峰を望む展望台からの風景は、春霞のなかで輝くばかりの絶景でした。
nori2herb | | 10:01 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
うどんさん、奈良盆地ににてます?
裏山に登るなんていいですね。
高いとこが好きなので、いつも高い山の上で仕事をしてるにもかかわらず、どこかへ出かけると
こういう景色のとこへいきたくなっちゃうんですよ。
それでいて、高所恐怖症なんだから、おかしいしょ(^^)

posted by ノッコ ,2006/05/15 10:24 PM

この景色、わが家の裏山に登って見える奈良盆地の景色に似ています。
いつも霞がかかっているようにぼんやりしているので旨く撮れたらハリコしますね。

posted by うどん ,2006/05/14 10:26 PM










Trackback
URL:

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS