<< 幻の滝 | top | みぃちゃん >>

徳島から〜

雪が降っています。例年のこととは言え、この季節、毎日曇り空か雪。
初冬期うつ病なるものが有るそうです。
身体が寒さに慣れないていないことに加え、太陽を見ることが少なく室内にこもりがちになる鬱陶しさから発症するうつ病の1種だそうです。
5月〜11月始めまでの契約のお仕事も、先日無事に終了し、晴れて無職になりました。
これからの半年間、雪をいじって遊ぶ毎日が始まりました。仕事で家を留守にすることの多い夫に代わり、延べ降雪量が10メートルをはるかに超える雪の始末や夏の間サボっていたHPの更新などやりたいこともたくさん有る私には初冬期うつ病は無縁ですネ。
50日分の失業一時金だけと微々たる収入ですが、時間はその分、たっぷり〜!!
みかんを食べ、お菓子をつまみ、お茶を楽しむ主婦の役得の季節でも有ります。
そろそろ、箱詰めのみかんを買おうかな、、、と考えた所にたくさんのみかんが届きました。




父の従兄弟に当たる徳島の親戚からのお届け物。夏にはみずみずしいハウスみかんを頂き、そのしっかりした美味しさに感嘆しましたが、こんどのみかんの量と大きさに驚くばかり!!
夏みかん? はっさく? グレープフルーツ?
普段見慣れている冬みかんの倍は有りそうな、みっしりと身が詰まった大きさです。




みかんの花付きが悪く、間引きもしないのに大きくなってしまったのだそうです。自然を相手に作物を育てる難しさ。北海道のように霜や寒さの心配が大半の土地とは、また別な苦労が有るのですね。
小さなみかんなら2個も3個も一度に食べる私ですが、これなら1個で充分かも(^^
涼しいとこに置けばしばらく大丈夫と伺い、早速、二階の押入に運び込みました。これからの私のテレビの友は押入でおやすみです(笑)



そして、これは粘りの強い長いもです。春に伺った折りに味噌汁で戴きましたが、すりおろしただけで繋ぎが入っているかのような口当たり。
魚のすり身?と見間違うようなしっかりした固さのとろろです。



もみ殻の中に、大小の里芋らしきものも〜!!
北海道人には里芋はお店に並ぶ小芋が普通。たまに大きなエビ芋を見かけるけれど、こんなふうに握りこぶしに小芋がついたようなサトイモは初めて見ます。
きっとジャガイモと同じで、ちゃんとした名前が有るのでしょうね。



ところで、この里芋、私の中の里芋のイメージとはかなり違うのですよ。
煮物にすると、きめ細かいしっとり感にこくの有るめったりした口触り。
味の染み方もとっても早いのです!!
何より、肉じゃがのジャガイモのように煮溶けるのが不思議〜!!
油断すると砕けてしまうほど。
徳島の暑い夏に雑草を取り手入れをされるご夫婦の姿を思い浮かべ、感謝しつつ戴くことにします〜。
nori2herb | 果実 | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS