<< キノコの季節 | top | 雪の前に >>

秋の味覚、栗を頂きました。
この春まで母子山村留学で東京から来られていたHさんからです。
余り親しくおつき合いすることもなく、お別れしてしまったにもかかわらず
気を遣ってくださる方です。


元は韓国の方ですが、おいでの間、全く気がつかないほど流ちょうな日本語を話され、東京に戻られてからいただいたお手紙はこちらが恥ずかしくなるほど〜。
私の職場にも大学生の時、留学で来日された先生がおりますが
驚くほど語学が堪能です。
私の知る限り日本人に比べると韓国の方達は遙かに優れた能力を持たれているように思われます。


立派な栗です。さっそくさっと茹でて皮をむき、加工します。
数分茹でてから冷凍し、少し解凍したものを剥くと、色は良く有りませんが
とても剥きやすいようです。
色をきれいにしたいときは、しばらく水につけておき、皮をむいたほうがよいみたいですね。

練りあんと寒天で栗羊羹をこしらえました。


残りは冷凍庫へ〜剥いたものはすぐに栗おこわや栗羊羹にできそう。
これだけ有れば冬の間、楽しませてもらえそうですね。


Hさん、ありがとうございます。また、いつかお会いしましょうね。
nori2herb | 友達 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS