<< 還暦祝い | top | 招かれざる訪問者〜エゾテン >>

クッチャロ湖の越冬白鳥

来週行われる町の行事、健康まつりのお弁当に添える菊芋の醤油漬けの仕込みに出かけたついでに、隣町のクッチャロ湖まで足を延ばしてみました。
水鳥観察館の駐車場には人影もなく静かです。
入り口には職員のこしらえた氷像も〜。



湖に向かって歩いていくと徐々に鳥たちのざわめきが聞こえてきます。
凍った湖の一部を割って貰い、越冬している400羽ほどのコハクチョウが狭い水面に群がっているのが見えてきました。



めざとくカモ(私)を見つけたコハクチョウはじ〜っと動作の一部始終を見ています。



いつもながら人慣れしており、カメラ目線を会得しているかのよう〜。



このグレーっぽいのが幼鳥です。醜いアヒルの子状態のときですネ。



雪原で眠るコハクチョウ。
夜はキツネな外敵の襲撃もありまんじりできないそうです。



親子連れがきたようです。



何もくれないセコイおばさんには見切りをつけて(笑)
手に餌をもっているのをちゃんと確認し、いそいで移動します。



お母さんから食パンを貰ってご機嫌なお顔〜。



坊やはとうとう建物の壁まで追いつめられて・・・!!
お母ぁさ〜ん、おっかいよぉ〜!!



明日の朝給餌する餌をソリに入れ準備を終えて観察館の職員が帰って行きました。
カモたちは速攻でソリに群がってきます。プラスチックのソリの上に乗って上から首を伸ばすヤツ。バランスをくずし滑り落ちたってへいっちゃら。
慎重派は冒険することもなく下からくちばしを差し込んで餌をゲット!!



シベリアから南へ越冬のため渡りをしてきた白鳥が何故か、余り気温の変わらない厳冬地で越冬するようになったのか。

危険と体力の限界をこす数千キロの渡りをせずとも
寒ささえ我慢をすれば毎日決まった時間に餌を貰え、水浴びをするための氷も割ってくれ
飢える心配も餌を探す手間もいらず、おんぶにダッコなのですから
しぜんと横着者が増えるわけです。

今のところ新型の鳥インフルエンザなどの発生は見られませんが、いつか?
野生の渡り鳥が渡りを忘れるのは余り良い事とは思えませんね。


nori2herb | 動物 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS