<< 南からの花便り | top | 山菜シーズン幕開け >>

春のお届けもの

今年もまた徳島からどっさりと春のお届け物がありました。
父の従兄弟の80才のご夫婦からの心のこもった贈り物です。



竹の子は自宅の山で掘って茹で上げ、アクを抜いたもの。
徳島から北海道のほぼてっぺんまで届くのに3日がかり、どうしても少し
品質が落ちるに違いないとの心遣い、有り難いですね・・・。



三つ葉や蕗も新鮮なまま届きました。



これは・・・イタドリですね。
北海道のオオイタドリとは少し違い、スマートな姿です。
実は北海道ではイタドリを食べる事は少ないようで、私もあまり食べた覚えはないのです。
早速、ハトコのこまめちゃんに問い合わせ〜やはり想像どおり炒め物にするらしいです。



赤芽芋ももみ殻の中から顔を覗かせています。ほくほくして美味しい里芋です。



八っ頭や粘りとろろいも入れて下さってました!
八っ頭はサトイモの仲間のなかでも、とびきり美味しいと言われています。
この辺ではお正月頃にたま〜に大きなスーパーで見かけるくらい。
どんなお味がするのか楽しみですね!!



八頭の生の茎は炒めて食べることも出来るそう。
こまめちゃんから教わったので雪が無くなったら少しだけ植えてみたいと思っています。
果たしてちゃんと育ってくれるでしょうか・・・
しばらくは春のお届け物で食卓が楽しくなりそうです。
徳島のお父さん、お母さん、それにこまめちゃん、ありがとうございます〜♪


nori2herb | 山菜 | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS