<< 村の植樹祭 | top | 母子里にて >>

食生活クラブの山菜採り

食生活に関心のある主婦グループ恒例の春の行事、山菜採りに参加しました。
集合場所の保険センター前に思い思いの服装で皆さんが集まっています。



数台の車に便乗して山道を10分ほど、現地到着しました。
世話役のKさんや栄養士さん、保健婦さんも一緒です。



土手にイケマの茎が伸びています。これは東北でヒデコと呼ばれるシオデにちょっと似ていますが、シオデはユリ科/属名:シオデ属
和名:牛尾菜/四緒手/学名:Smilax riparia var.ussuriensis。
イケマはガガイモ科/属名:カモメヅル属(旧イケマ属)
和名:牛皮消/学名:Cynanchum caudatumということで全く別物。
案内役のWさんはヒデコと説明、まぁ、似たお味ということでヨシとしてと・・・(笑)



まずフキを探しますが、あいにくの遅霜の影響で思うように穫れません。
個人の採取というより2月の町の行事、健康まつりで試食用お弁当の具材採取が主な目的。
それでも皆でふた抱えほど穫ったフキを、すぐ塩漬けにし終え、次の目的の竹の子採りに場所を移動しました。

埼玉から北海道移住のための体験に町を訪れていたご夫婦も竹藪にもぐり奮闘中です。



Nさん、Sさんなど数人は皆の収穫した竹の子に切り目を入れて、茹で上げる前の下準備です。
こうしておけば保険センターに戻ってすぐに茹でる事も出来、皮も剥きやすいのです。



茹でて皮を剥き、水で少しさらした後、ビンに詰め込み焼酎漬けにします。



こうしておくと塩漬けより簡単に長期保存が出来、調理のときもそのまま使えるのです。
焼酎の匂いも残りませんが、気になる人は少し水に晒してから使うとか。



その後、取ってきたよもぎ、うど、イケマの茎、ボンナなどをごま和え、酢の物、天ぷらなどに調理し、試食タイム〜!
竹の子もこんがりと焼きあがりました。皮をむいてマヨネーズをつけると美味です。



他の料理が皿一杯にあったにもかかわらず、賑やかな試食タイムに
うっかり写真を撮り忘れてしまいました〜残念(笑)


nori2herb | 山菜 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS