<< 遅霜被害 | top | 食生活クラブの山菜採り >>

村の植樹祭

今日は村の植樹祭の日です。
道有林を管轄する林務署、村有林の管轄の村役場、そして私の職場であるH大の研究林の3者が毎年交代で行っている春の行事です。
地元の小学生、中学生、高校生と年配の村民が参加しています。



主催の村長から自然の大切さなどのお話を聞いたあと、思い思いの場所に散らばって植え始めます。
今年はヤマブドウ、こくわ、アロニアなど実のなる木がメーンですが
小鳥の餌用にヤマザクラなども植える事になっています。



小高い場所には3メートルほどに伸びたエゾヤマザクラ。
中間の地点にはアロニア。
低い場所にはコクワやヤマブドウなどのツル性植物。
アロニアはポリフェノールの含有量が注目され始めた灌木です。



笹藪をブルドーザーで開いたばかりの植林地は大きな石がごろごろ。
開墾クワやスコップで二人ががりでやっと穴を掘ります。



足を踏ん張って頑張るMさん。



アロニアには白いつぼみがついていました。秋には黒い実がなるでしょうか。



最後に子供達の記念撮影〜。
高校生は全員、札幌や本州などからの都会っ子達です。
自分の植えた木が大きく育ち実をつけた姿を、いつか見に来てほしいですね〜。



nori2herb | | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS