<< クマさんは木登りじょうず | top | 今年も竹の子採ったよ >>

タモギタケ

暖かくなってきました。
山菜採りの終わりが近づくと、今度はキノコ採りの季節の始まりです。
北海道の天然のキノコの最初の出番はこのタモギタケです。
枯れかけたニレの立木の根元にびっしり生えています。



根元だけじゃなく高い所にも生えています!
こういう場合は高枝切りばさみの登場になります。
林道に覆い被さり、通行を妨げる木の枝を切るためバスの中に常備されているのですが
ときたまこういう使われ方もするのですよ〜(笑)



このキノコは栽培もされていますが、やはり天然物はひと味違いますよ!



美味しいだけにこれほど虫が付きやすいキノコも類を見ないほど。
この位の採り頃のものでも水に晒して、しっかり虫出しが必須です。



今年からデジカメデビューしたMさんもパシャッ〜!!
きれいに撮れましたか〜♪



この後、移動中にまた遠くからタモギタケを発見!!
遠目でも緑の中の黄色いキノコは目立ってはいますが、たいがい一番先に気づくのはMさんです。



風倒木のニレの木にびっしりタモギタケが生えています。
きれいなキノコですね。
Mさんは若いだけに目が良いのもありますが、それだけじゃ無いようです。
尊敬をこめて、密かに「キノコ採り名人」と呼ばせて頂いておりマス(^^”



今日の収穫です!
職場に持ち帰って事務所の皆さんにもお裾分け出来そうですね!



nori2herb | きのこ | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS